ベジ女子のおいしい暮らし
フードライター・工芸作家あおきかゆこの
自由な暮らしとおいしい話題
レストラン・カフェ

【大阪・吹田】食べたい絶品の味!オリビオカフェダイニング

oribio

こんにちは!あおきかゆこ(@kayukoaoki)です。

今回の記事は、私が行ったベジレストランやベジカフェのレポートです。
仕事として取材した以外のお店をお届けしていきます。

さて私、自分へのご褒美ということで「ORIBIO Cafe Dining(オリビオカフェダイニング)」へ行ってきました!

吹田市にあるオリビオカフェダイニングは、自社ビルでおしゃれな外観・癒しの店内。
質の高い食事も申し分なし!
いつもと違う特別な時間を過ごしたいときや、デートにもってこいのお店です。

名前は聞いたことがあるけど行ったことのない方も、今までまったく知らなかった方も、どんなお店かチェックしてみてください。

癒しの空間はEMのなせる技?オリビオカフェダイニングとは

oribio

モノレール宇野辺駅から約7分、駐車場は4台スペース。

私が行ったのは夜だったので、ビル全体の写真は撮られませんでしたが、「ORIBIO」の大きな看板が目印です。

近畿自動車道の下道沿いにあるビルは、外から店内を見ることができます。

おしゃれな雰囲気で、ザ・庶民の私は一瞬ひるみます(笑)

和と洋をバランスよく合わせたモダンな店内。
どこからか水の流れる音が聞こえてきます。

席に案内されると一番に目に入るのが、水が流れるオブジェ。

oribio

お店の方が言うには、こちらの木?岩?のオブジェは、外注ではなくお店の方みんなで作ったとのこと。

作る際、EM(有用微生物群)を混ぜ込んだ素材を使用し、流れる水もEM(有用微生物群)が含まれているのだそうです。

EM(有用微生物群)とは、土・水・空気を汚さずに、酵素や微生物の発酵・分解の力で環境を浄化すると言われています。
あらゆる分野で注目されているバイオ資材なんです。

椅子・畳をうまく組み合わせた店内は、日本人だけでなく、訪日外国人にも喜ばれる和と洋の良いところが詰まった空間。

お店の方もとても感じが良く、優しい笑顔と対応が印象的です。

一番人気はカツ丼!他も絶品メニュー目白押し

oribio

オリビオカフェダイニングに来たら、食べたいのがカツ丼(税込1,296円)。

写真は、ごはん小盛りです。
他にも食べたいメニューがあったので、ごはんで調整しました(笑)

EMで育てたごぼうを使い、さくさくのカツの歯触りが最高!なんです。
だしの味が効いたタレと、京都の生湯葉を使った玉子もどきのとろみが絶品。

私も料理が好きなので、何度となくオリビオのカツ丼を真似して作ってみたものの、再現不可能なおいしさ。

プロの味を素人が作ろうなんて、100万年早かったです。

oribio

こちらは、とろ湯葉オムライス・トマップライス(税込1,134円)。
京都三田久の生湯葉は「極み湯葉ORIBIO特別仕様」。

とろっとろの生湯葉が、自家製ケチャップならぬトマップと絶妙にからみます。

オリビオのトマップは、五葷(ごくん)・アルコール・卵・乳製品不使用のトマトソースです。

トマップだけでなく、自社製品の大豆ミートなど、店頭やオンラインショップで購入可能です。

oribio

こちらは、塩焼き(税込746円)。

大豆ミートのくさみゼロで、自家製ポン酢との相性も抜群。
塩加減が最高に美味しいので、私が毎回注文してしまう一品です。

予約が必要なメニューもはずせない

oribio

今回、どうしても食べたかったメニュー、野菜寿司単品(税込2,106円)。

奈良県産の無農薬EM米・国産有機米酢で作られた寿司めし。
有機国産丸大豆の醤油・信州の本格すりおろし生わさびでいただきます。

私が食べた時の寿司メニューは、EM茄子・こんにゃく・EMトマト・EMきゃべつ・国産有機えりんぎでした。

EMで育てた野菜は、味が濃くてまろやか。
寿司めしの酸味もほどよく、いくつでも食べられそうです。

野菜寿司は予約が必要ですので、事前にお店に連絡してみてくださいね。

oribio

同じく予約が必要な、炭火焼風串焼き単品(税込1,188円)。
今回、私が一番感動したのが、炭火焼風串焼きでした!

オリビオオリジナルの大豆ミートを使用していて、もちろんくさみゼロ。
油は、高級脂肪酸バランスオイルを使い、ジューシーに焼き上げています。
炭火焼きの香ばしさと、うまみが口の中いっぱいに広がります。

あまりに感動しすぎて、変な笑いがこみあげてきた私です。

食後のしめまで悶絶できるヴィーガン対応のデザート

oribio

ご紹介してきたメニューは、パートナーとふたりで見事完食。
もうお腹いっぱいで入らない、と思いつつも注文したデザート。

玄米ガトーショコラ(税込572円)は、お腹いっぱいでも胃におさまりました。

米粉を使っているのに、どっしりしておらず軽い口当たり。
それでいて、ショコラの濃厚さはしっかり。
ベリーのジャムのほどよい酸味も、味に変化を作っていました。

おまけ・マスコットキャラクター「みのん」

oribio

ちなみにこちらは、イルカの「みのんちゃん」。

布にも綿にも、EMが含まれています。
抱きしめると癒し効果があるとかないとか。

くたっとしたさわり心地と表情が、癒し効果抜群でした。

ひとつひとつの縫製は、工場ではなく手作り。
製造方法にもこだわりがある、自慢の抱きまくらです!

オリビオカフェダイニングの基本情報

oribio
店名 ORIBIO Cafe Dining
住所 大阪府吹田市青葉丘北7-2 OriginShip 1F
最寄り駅 モノレール宇野辺駅 徒歩7分
電話 06-6875-5878
ホームページ https://www.oribiocafe.com/

 

ぜひ、足を運んでみてくださいね!

また行きたいお気に入りのお店です。
自分ご褒美の技を出せるように、仕事にも精が出せそうです。

ABOUT ME
あおきかゆこ
あおきかゆこ
このブログの運営者でフリーライター、マクラメ工芸作家。ヴィーガン、菜食中心のライフスタイルを送る。大阪在住。趣味は、ヴィーガン食べ歩き。小鳥と自然をこよなく愛するカメラ女子。