ベジ女子のおいしい暮らし
フードライター・工芸作家あおきかゆこの自由な暮らしと
ベジでヘルシーなおいしい情報を提供しています。
筋トレ

運動嫌いのベジ女子が筋トレを始めました

kintore

こんにちは!あおきかゆこ(@kayukoaoki)です。

スポーツは大の苦手、汗をかくのは嫌い。
できれば家の中で、何かを作ったり文字を書いていたい。

こんな私がなぜ「筋トレ」という、異次元空間にあるトレーニングに手を出してしまったのか…!

これを読んだあなたもきっと、筋トレをはじめたくなるはずです(笑)

スポーツの才能はゼロに等しい

kintore

私の父は、スポーツ万能。
走りも速く、野球の才能にも恵まれていました。

兄もその血を受け継ぎ、走りも速く、スポーツ万能。
もちろん私も、この流れからスポーツの才能を期待されていました。

私はというと物心ついたときからぼんやりした子供でした。
お人形遊びや、空想で遊ぶのが好きな夢見る夢子ちゃん。

そのどこに、「スポーツ好き」というアクティブな要素が含まれていたというのか。(どこにもありません…!)

幼少期、兄とのキャッチボールにて、
硬球を顔面に直撃するという事件も勃発。

おかげでボール全般に、恐怖を感じるようにもなりました。

小学校にあがり、はじめての運動会のかけっこは後ろから数えた方が早い。

父から何度も「走り方教えようか?すぐに1番取れる」と誘われましたが、頑なに拒否。

父や兄のように走れる自信がない上に、スポーツを楽しいと思えなかったことが理由でした。

追い打ちをかけるように母の言葉。

「かゆこは、私(母)に似て、運動音痴やねん」

この母の一言により、「私はスポーツができない」という意識の刷り込みが完了したのです。

30・40代を過ぎてからのダイエットは成功しにくい

kintore

そんな私も大人になり、美容や健康のことを考え、ヨガやベリーダンスをしていた頃もありました。

20代の頃は、食べ過ぎて体重が増えたときは、短期間の食事調整で体型を維持。

30代以降、食事調整や有酸素運動をしているのに、じわじわと体重が増えてきたあたりから、恐怖を感じるように…!

たるんだ体にため息、何とか歯止めをかけようと、ダイエットを決意。

まず、なぜ痩せにくいか、痩せられないのかを勉強しました。
以下、痩せにくい理由を簡単に紹介していきます。

女性は筋肉がつきにくい

女性はもともと、男性に比べて筋肉がつきにくい生き物。
必死に筋トレをしても、よほどでないと筋肉量は増えません。

週に2~3回の筋トレ程度でムキムキのマッチョになろうなど、100万年早いという感じなんです。

筋トレしてもマッチョにならないということで、気持ち的に少しハードルが下がります。

10~20代に比べて基礎代謝が減ってくる

まずは年代別の基礎代謝量を見てみましょう。

20代の平均基礎代謝量

基準代謝量 基準体重
男性 1520(kcal/日) 63.5(kg)
女性 1180(kcal/日) 50.0(kg)

30~40代の平均基礎代謝量

基準代謝量 基準体重
男性 1520(kcal/日) 68.0 (kg)
女性 1140(kcal/日) 52.7 (kg)

50~60代の基礎代謝量

基準代謝量 基準体重
男性 1380 (kcal/日) 64.0 (kg)
女性 1100 (kcal/日) 53.2 (kg)

年齢を重ねるごとに、確かに基礎代謝は減っています。

数字を見ていると、劇的に減っているというわけではないので、年齢を重ねると太りやすくなる理由は、他にもありそうです。

女性ホルモンの減少により内臓脂肪がつきやすくなる

女性は加齢により、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってきます。

エストロゲンが減ると、体に内臓脂肪や中性脂肪がつきやすくなります。
このため、30代から徐々に太りやすくなるのです。

若い頃と体重が同じという方は、筋肉量が減り、かわりに脂肪が増えているはずです。
見た目の体型が変わっているのではないでしょうか?

エストロゲンの減少による体型の変化を止めるには、筋トレが効果的。

これが、スポーツ嫌いの私がたどり着いた答えです。

ダイエット成功の鍵は長期目線での筋トレ

kintore

加齢による女性ホルモンの減少は、止められない。
このまま、ボディラインの崩れをあきらめるしかないのか…!

現実に直面して、筋トレを始めることに。

筋トレをすると、「成長ホルモン」が分泌されます。
この「成長ホルモン」には凄い働きがあるんです。

  • ダイエット効果(脂肪を分解)
  • 骨や筋肉を作る
  • 美肌効果(肌の修復)
  • 免疫力アップ

良いことしかない。

ここまで調べると、もはや筋トレをしない理由が見つからなくなったわけなんです。

ヴィーガンでもイイ体になることを証明したい!

kintore

実は私のパートナーは、ヴィーガンで細マッチョ。(筋トレが趣味)

「筋トレしても、女性は筋肉ムキムキにはならない」

と何度も言われていました。

この記事を書くにあたり、自分で筋トレについて調べたのですが、今まで何度も聞かされていたことばかり。

助言を素直に聞いて、もっと早く筋トレを始めていたら良かった…!

ビフォー写真撮影したので、アフターの変化により公開するかもしれません。

植物性食品だけを食べて、体を変化させたお手本が身近にいるので、私もがんばってみます!

ヴィーガンでイイ体!気合いだけは一人前です。

 

 

たまにソイプロテインも飲んでます。

現在のトレーニングは、ダンベルなどの負荷はない方法。
腹筋やヒップのトレーニングがメインです。
効果が出てきたら、また紹介します!

ABOUT ME
あおきかゆこ
あおきかゆこ
このブログの運営者でフリーライター、マクラメ工芸作家。ヴィーガン、菜食中心のライフスタイルを送る。大阪在住。趣味は、ヴィーガン食べ歩き。小鳥と自然をこよなく愛するカメラ女子。