ベジ女子のおいしい暮らし
フードライター・工芸作家あおきかゆこの
自由な暮らしとおいしい話題
おすすめの本

ベジ初心者こそもどき料理を作ろう!おすすめベジレシピ本3選

vege

こんにちは!あおきかゆこ(@kayukoaoki)です。
夏真っ盛り、私の食欲は落ちるどころか、増すばかりです:)

日本のベジタリアンまたはヴィーガン人口は、人口全体の4.5%(株式会社フレンバシー調べによる)程度なのだとか。

初対面の人へ食生活について打ち明けるたび、

「何を食べてるの?」
「生野菜ばかり食べてるの?」

と聞かれ、同じようなやりとりを繰り返していませんか?

そういうときは論より証拠。
ベジでも非ベジでも、おいしく食べられるメニューを一緒に食べることからはじめてみましょう!

もどき料理で人気のレシピ本をご紹介しますので、参考にしてください。

もどき料理とは?

vege

「もどき料理」といえば、精進料理が有名です。

仏教の食事では、肉や魚など生き物を殺生した素材を使うことを禁止していました。
植物性の素材を使って、見た目や食感・味などを似せて作るようになったのが始まりです。

そして、世界的に見ても台湾は特に「もどき料理文化」が発達しています。

台湾のもどき料理は「台湾素食(たいわんそしょく/たいわんすーしー)」と呼ばれ、もともとは宗教的な理由から生まれました。
現在の台湾は、健康面を考えて「台湾素食」を食べる人も増えています。

肉や魚の、味も食感もそっくりの「もどき料理」は、非ベジからベジに切り替えたばかりの人には特におすすめ。

今までと違う食生活へ急激に切り替えるよりも、一般的なメニューを植物性の食材で食べるほうが無理がありません。

まずはこれから!「絶対美味のベジ料理」

こちらの「絶対美味のベジ料理」は、人気レストラン「ロータス・フラワーズワン」のシェフ大平さんのレシピ本です。

ベジレシピを公開しているだけでなく、野菜をおいしく食べるためのコツ(加熱方法・スパイスやハーブ)が丁寧に書かれています。

レストランでリピーターの多い人気メニューも掲載。

現在は「ロータスフラワーズワン」は閉店しており、「野菜キッチンCocomo」として新しくスタートしています。

絶対美味のベジ料理 (講談社のお料理BOOK)

お肉・魚なしで罪悪感なく食べられる「MODOKI菜食レシピ」

vege3

こちらは、iinaさんのレシピ本。
iinaさんは、菜食料理家・ヴィーガンフードクリエイターとして活躍しています。
感性が素晴らしく、作る料理はまるで芸術作品。

シュウマイ・餃子・うなぎもどき・白身魚フライなどのレシピを惜しげもなく公開しています。

ベジタリアン・ヴィーガンなら、一度は作ってみたいというメニューばかりですので、1冊持っていて損はないでしょう。

慣れてきたら、自分流の味に変えるのも良いですね。

 

MODOKI菜食レシピ-肉・魚・卵・乳製品なしで作る「もどき」料理-

ベジ料理に慣れてきたらチャレンジしたい「ベジ寿司」

vege1

ヘルシーだという理由で、非ベジタリアン・非ヴィーガンから注目を集めている「ベジ寿司」も、一度は作ってみたいメニュー。

自己流でも作れないことはないですが、握り寿司としていかにきれいに見せるかというコツをつかむのは、なかなか難しいです。

写真の「izumimirunの野菜のおすし」はすでに絶版になっていますので、後継本を紹介します。

VEGESUSHI(ベジ寿司) パリが恋した、野菜を使ったケーキのようなお寿司 (veggy Books)

簡単に作れておいしいベジもどき料理

vege

魚や肉などの食材を使わなくても、見た目にも美しくおいしい料理はたくさん作ることができます。

植物性の素材だけにこだわった料理は、より心が優しくなる感じがしませんか?

人気のレシピ本でベジ料理を学んで、レパートリーを増やしてくださいね。

ABOUT ME
あおきかゆこ
あおきかゆこ
このブログの運営者でフリーライター、マクラメ工芸作家。ヴィーガン、菜食中心のライフスタイルを送る。大阪在住。趣味は、ヴィーガン食べ歩き。小鳥と自然をこよなく愛するカメラ女子。