top

アマゾンの森が燃えていました。
森に住む動物たちは、われ先にと逃げていきました。

けれども、クリキンディという名のハチドリだけは、 いったりきたり。
くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、 火の上に落としていきます。

それを見た大きな動物たちは、
「そんなことをしていったい何になる」とクリキンディを笑います。

クリキンディはこう答えました。

「私は、私にできることをしているだけ」

南米アンデス地方キチュア先住民族が語り継いでいるハチドリの逸話より

とっても短いですが、大好きなお話です

「私に、できることを、できる分だけ」

丁寧に手仕事を楽しんでいます